株式会社 西田酒造店

融雪のための地中熱利用設備を導入。厳しい冬を快適に

建物外観(撮影・名智健二)

建物外観(撮影・名智健二)

  • ●補助事業者名株式会社 西田酒造店
  • ●設置場所株式会社 西田酒造店(青森県青森市)
  • ●事業年度平成25・26年度
  • ●エネルギー種別地中熱利用
  • 融雪の様子

    融雪の様子
  • 融雪パイプ設置作業

    融雪パイプ設置作業

地中熱 地中熱利用設備 地中熱交換器(地下水利用)150m×1本 プレート型熱交換器 167kW 店舗の駐車場の融雪に利用

地下水熱採熱用の井戸を掘削し、井水を循環して熱交換器を介して融雪パイプで駐車場(611㎡)の融雪を行う。

補助対象経費(千円) 補助金(千円)
21,630 7,210
導入の効果 総発熱量(計画)
439GJ/年

導入事業者のコメント

株式会社 西田酒造店 取締役社長
西田 司 様

http://www.densyu.co.jp/

弊社は明治11年(1878年)創業の青森市唯一の酒造会社です。青森市は年間平均積雪量が1mを超え、冬期(12月~3月)は雪への対応に苦慮している地域です。このため、弊社は平成25・26年度に当該補助金の交付を受け、駐車場の融雪のための地中熱利用設備を導入しました。この設備を平成26年12月から利用しておりますが、導入後、全く除排雪の必要が無くなり、除雪機の使用頻度とそれに関わる除雪時間・人件費・燃料費等の低減が可能になりました。
さらに、物流や社員の転倒等による事故のリスクも低減され、今後の弊社の事業の拡大の可能性が高まっております。雪と共存する地域での再生可能エネルギー活用のモデルケースとして、今後は地域にPRしていきたいと考えております。

Copyright © 2015 New Energy Promotion Council.All right reserved.