越後ファーム 株式会社

雪冷熱を利用し、籾のまま保管。米の品質を落とさずに電気代を削減

新潟本社(左から事務所・精米ライン、籾・玄米倉庫、貯雪庫)

新潟本社(左から事務所・精米ライン、籾・玄米倉庫、貯雪庫)

  • ●補助事業者名越後ファーム 株式会社
  • ●設置場所新潟本社(新潟県東蒲原郡阿賀町)
  • ●事業年度平成24・25年度
  • ●エネルギー種別雪氷熱利用
  • 雪入れの様子

    雪入れの様子
  • 冷熱供給設備

    冷熱供給設備

雪氷熱 雪氷熱利用設備 貯雪量 600t 送風機 1.5kW×4台 籾・玄米倉庫で、米穀(モミ等)の冷房として利用

貯雪庫(600t)の冷気を活用し、籾・玄米倉庫の冷房として利用。

補助対象経費(千円) 補助金(千円)
77,308 25,769
導入の効果 総発熱量(実績)
183GJ/年

導入事業者のコメント

越後ファーム 株式会社 代表取締役
近正 宏光 様

http://www.echigofarm.com/

米は秋に収穫して1年間を玄米で保管します。この保管の過程で米の鮮度劣化は一層加速しています。いかに鮮度管理するかによって1年を通じた米の美味しさを左右します。
弊社は、従来、玄米を冷蔵庫にて保管していましたが、お米の付加価値、すなわち鮮度を落とさないことを目標として掲げ、豊富な雪に着目し、平成24・25年度に当該補助金の交付を受け、雪冷熱を利用したコメ倉庫を建設し、籾のまま保管する「雪中貯蔵法」を開始しました。
その結果、米の品質が落ちないことが実証され、また、電気代の削減につながっております。今後も、米の鮮度向上に有効な雪氷熱システムの一層の拡大に努めていきます。

Copyright © 2015 New Energy Promotion Council.All right reserved.